HOME > おしらせ一覧表示 > おしらせ詳細表示

おしらせ

おしらせ

イベントを開催します 【終了しました】

2015.2.5





【このイベントは終了しました。ありがとうございました】




チラシのpdfデータは こちら から

 

まちのリノベーション勉強会
古くて新しいまちの暮らしかた

日 時:平成27年2月28日(土) 14時〜17時 (受付開始 13時30分)
会 場: .5 cafe (滋賀県 彦根市 中央町7-40)
(対象: 彦根のまちの古い建物を使った暮らしに興味がある方)
定 員: 30名
参加費: 一般 1,500円(お菓子・1ドリンク付き) ※学割あり 学生1,000円
主 催: 小江戸ひこね町屋活用コンソーシアム

彦根のまちらしい暮らしかたとはどんなものでしょうか。
彦根にたくさん残っている古い建物を活かした暮らしかたもそのひとつです。
あなたなら古い建物を使ってどんな暮らしかたをしてみたいですか。
古い建物を「リノベーション」している大島芳彦さん(ブルースタジオ)のお話や、
実際に古い建物を活用している3人の方のお話を聞きながら、
自分らしい「古くて新しい彦根暮らし」を考えてみませんか。

1.ゲストトーク 「まちをつくるリノベーション」 
日本のリノベーション業界の草分け的存在である株式会社ブルースタジオの大島芳彦さんに、これまで関わってこられた事例の紹介を通じて、リノベーションによる古い建物とまちの活かし方についてお話しいただきます。

ゲストスピーカー:大島芳彦さん 
株式会社ブルースタジオ専務取締役、クリエイティブディレクター。建築家。
武蔵野美術大学建築学科卒業。米国SCI-Arc に学び1998 年石本建築事務所入社。2000 年ブルースタジオ取締役。以来建物ストックの再活用「リノベーション」をテーマに不動産企画コンサルティング、建築設計を展開。その活動域はマーケティング、ブランディング、不動産仲介・管理、など多岐にわたる。団地再生、ビルコンバージョンなどの大規模プロジェクトを手掛ける一方で、生活者向けに物件探しからはじめる中古マンションのスケルトンリノベーションサービスを展開。近年はリノベーションスクール、シンポジウム、セミナー等の開催による地域再生のコンサルティングなどにも携わる。一般社団法人リノベーション住宅推進協議会副会長、理事。一般社団法人HEAD 研究会リノベーション・タスクフォース委員長、理事。明海大学不動産学部非常勤講師。

2.クロストーク 「古くて新しいまちの暮らしかた」 
古くて新しい暮らしかたを実践中の方が大集合!それぞれの視点から、彦根のまちの「古くて新しい暮らしかた」についてお話しいただきます。

■Takumi Apartment - お話:迫間勇人さん
築170 年の町家をリノベーション。アパートやテナント、イベントスペースとして貸し出している。現在は、蔵を改修したワインショップがオープンしている。お話は、Takumi Apartment の迫間勇人さん。
■秋口家住宅洋館 - お話:鈴木達也さん
大正5 年に歯科医院として建造された洋館。国登録文化財。お話は、もとの持ち主から建物を譲り受け、現在移築中の鈴木達也さん。移築後は、自宅として利用するとともにイベントなどで公開する予定。
■近江商人邸宅奥村邸 - お話:田口真太郎さん
近江商人のまち近江八幡市にある、築150 年の近江商人邸宅。町家活用事業などを実践しているまちづくり会社「まっせ」のオフィスやテナントとして貸し出している。お話は、「まっせ」スタッフの田口真太郎さん。
■コーディーネーター:竹岡寛文さん
(株)バード・デザインハウス デザイナーを経て、現在フリーランサー。滋賀県立大学在学中に古民家や蔵を再生する「とよさと快蔵プロジェクト」を立ち上げる。街道好きで中山道(江戸−京都約540km)踏破経験をもつ。

3.フリータイム 交流会
ゲストスピーカーの皆さんに質問したり、学習会の感想を話し合う時間。お菓子とドリンク付き。

 

 

●事前申し込み方法
下記のFAXまたはメール、お問い合わせフォームよりお申し込みください。

●お申し込み・お問い合わせ先
小江戸ひこね町屋活用コンソーシアム事務局(担当:西村)
TEL:0749-23-2123 FAX:0749-26-2730
mail:info@hikone-machiya.com

 

HOME へ戻る